DV・モラハラをしている時点で夫婦関係の修復は難しい

DVやモラハラがそもそも夫婦関係がこじれる原因

DVやモラハラは妻を傷つける行為のため夫婦関係修復は困難になる

あなたは奥さんにDV・モラハラを
していませんか?

DV・モラハラ
(肉体的な暴力・精神的な暴力)
が発生している場合、
夫婦関係の修復は困難です。

家庭内でふるわれる肉体的な暴力
言葉や態度による精神的な暴力
重大な犯罪であると
認識されはじめています。

DVをする人の特徴は
暴力をふるった後
妙にしおらしくなり
二度としないと泣きながら
謝罪する。

けれども何度も繰り返してしまうのです。

見下す発言過度に相手を貶める
相手に高圧的な態度で責めたり
するなど精神的な暴力をふるって
しまう場合は注意してください。

あなたにモラハラの自覚があり
改めていきたいと考えていれば
カウンセリングなどによって
改善する場合もありますが
稀なケースです。

夫婦関係を修復したいあなたへ

「妻が何を考えているかわからない」
「過ちを反省していることをわかってもらいたい」
「妻から突然離婚を切り出された」
「子どもと離れて暮らすなんて耐えられない」

このような悩みを抱えていますよね。

心理カウンセラーのゆりさんという方をご存知ですか?

彼女は夫の浮気が原因で数年前に離婚を経験されました。

発覚当初、浮気した夫は嘘を重ねるばかりで
まったく話し合いにならず
関係は悪化していったといいます。

その時、真摯に事実と向き合い
話し合いをしてくれていたなら
彼女は突き付けた離婚届を
取り下げたかもしれないと言います。

「女性の気持ちをまったく分かっていない」

これが最終的に離婚に至った原因だと
感じたそうです。

その時の経験から彼女は
離婚危機で崖っぷちにいる男性たち
徹底的な女性目線でのアドバイス
「離婚回避の手紙」専門の添削
はじめられました。

彼女は妻の立場だからこそわかる
離婚を回避するポイント
徹底的に研究し
同じような原因で離婚危機にある夫婦を
一組でも減らしたい
という思いを持たれています。

妻から本気で離婚を切りだされる前
何かしらの対策が必要と彼女は
警鈴を鳴らします。

興味ある方は一度
ご覧になってみてはいかがでしょうか?

>>こちら