夫婦関係の修復は「関係を修復したい」と話し合いで気持ちを伝えることから

夫婦関係を修復したいと率直に伝えること

話し合いをして関係を修復したい旨を伝える

あなたが起こしてしまったことで
妻との夫婦関係に亀裂がしまった場合、
あなたが関係を修復したいと考えているなら
まずは「関係を修復したい」という意思を
奥様に伝えることが大切です。

「ちゃんと話し合わせてほしい」
「仲直りしたい」
勇気を持って夫婦仲を修復したいという思いを
口に出して伝えてください。

夫婦関係とはいえ言葉にしないとわからないもの

長い夫婦生活だったとしても
こちらの気分を察知して
ケアしてくれたりフォローしてくることって
稀ですよね。

奥様からお願いされる前に
行動できてる旦那さんは
そうそういないでしょうし
逆もそうだと思います。

夫婦関係が壊れている非常時では
あなたのことをどうこう考える余裕は
奥様にはありません。

逆になんで私のことをわかってくれないんだ
と自分自身と子どもたちのことや
不安な未来のことでいっぱいいっぱいに
なっているはずです。

「信頼しあって結婚した夫婦の間柄だから
言わなくてもわかってくれるはず」

と決して思わず
言葉に出して伝えましょう。

伝えないと悪い方向に進む

言葉にしないまま
あなたの態度や行動に
明らかな変化がない場合

「夫はこのままでいいと
思っているんだな」と
思われる可能性があります。

態度や行動を変えるのも
自分の意思だけでするよりも
相手に伝えてからのほうが
言った責任があるので
変化させやすいです。

なにも言わずにしようと思うと
人は怠け、自分に甘い習性があるので
今度でいいや、少しでいいや
これくらいからでいいや
となってしまいます。

なのでちゃんと気持ちを伝え
改善するところは宣言することは
奥様への信頼の再構築になる
ということです。

自分が変わるという意思表示

関係を修復したいという申し出時に
妻にここを直してという指摘や要求は
してはいけません。

それをしてしまうと夫婦関係は
改善に向かうばかりか
さらに悪化してしまう可能性が
高まります。

もし奥様に変えてほしい部分が
あったとしても
今回は関係を修復したいから
自分自身のここをこう改善する

そしてこういう家庭に
していきたいという理想の未来を
伝えることに留めましょう。

謝罪するのは自分の言葉で

夫婦関係を悪くした原因が
あなたにあるのであれば
素直に謝罪してください。

そして謝罪するときは
自分自身の言葉を使って
思いを伝える必要があります。

形式張らずかしこまらず
今まで使ったことがないような
言葉は奥様も違和感を覚えるでしょう。

謝罪したいという気持ちよりも
自分をよく見せたいという風に
感じ取られてしまう可能性があります。

夫婦関係を修復したいあなたへ

「妻が何を考えているかわからない」
「過ちを反省していることをわかってもらいたい」
「妻から突然離婚を切り出された」
「子どもと離れて暮らすなんて耐えられない」

このような悩みを抱えていますよね。

心理カウンセラーのゆりさんという方をご存知ですか?

彼女は夫の浮気が原因で数年前に離婚を経験されました。

発覚当初、浮気した夫は嘘を重ねるばかりで
まったく話し合いにならず
関係は悪化していったといいます。

その時、真摯に事実と向き合い
話し合いをしてくれていたなら
彼女は突き付けた離婚届を
取り下げたかもしれないと言います。

「女性の気持ちをまったく分かっていない」

これが最終的に離婚に至った原因だと
感じたそうです。

その時の経験から彼女は
離婚危機で崖っぷちにいる男性たち
徹底的な女性目線でのアドバイス
「離婚回避の手紙」専門の添削
はじめられました。

彼女は妻の立場だからこそわかる
離婚を回避するポイント
徹底的に研究し
同じような原因で離婚危機にある夫婦を
一組でも減らしたい
という思いを持たれています。

妻から本気で離婚を切りだされる前
何かしらの対策が必要と彼女は
警鈴を鳴らします。

興味ある方は一度
ご覧になってみてはいかがでしょうか?

>>こちら