夫婦関係の修復にはあなたが妻を尊敬できることが鍵

夫婦関係の修復には妻を尊敬できるか

尊敬できるところを見つける

自分にないところがどれだけあるか

仕事や趣味に理解を示す

努力するところ

人のせいにしない

お互いに依存しすぎず、自立した関係を築け

敬意を払う
夫婦の関係が多少うまくいかなくなっていても、相手を尊敬できている関係性であれば、夫婦関係を修復することはそれほど難しいことではありません。

夫婦に限らず、人間関係において大切なことはお互いに対するリスペクトです。相手へのリスペクトがあれば、相手の意見もしっかりと聞くことができますし、相手に譲ることもできます。

妻を愛している

当たり前といえば当たり前ですが、夫婦としての関係を良好に保つためには、相手に対する愛情が必要不可欠です。

それは、異性に対しての愛情でもいいですし、人間愛でもいいですが、いずれにしても相手のことを愛しているかどうかが大切になります。

少なからず相手のことを愛しているという自信があれば、夫婦関係の修復はしていけるでしょう。

結婚すれば、少なからず恋人時代には知らなかった相手の一面を見ることになる。「こんなはずではなかった……」と思うたびに、「だまされた」と考えるのではなく、「どうしてそのような行動・考えになるのだろう」とか「相手を自分に合わせさせるには、どうしたら良いだろう」と考える。 すれ違いの理由を相手に求めず、お互いの意見の相違を尊敬しつつ、駆け引きを楽しむことが大事。
好きだほれたという気持ちは必ず薄らいでしまうもの。尊敬の気持ちがあればその後もパートナー関係はうまくいくと思う。尊敬の気持ちがないとお互いに欠点探しをしてしまったりしてそれがうまくいかなくなる最初の原因。

夫婦関係を修復したいあなたへ

「妻が何を考えているかわからない」
「過ちを反省していることをわかってもらいたい」
「妻から突然離婚を切り出された」
「子どもと離れて暮らすなんて耐えられない」

このような悩みを抱えていますよね。

心理カウンセラーのゆりさんという方をご存知ですか?

彼女は夫の浮気が原因で数年前に離婚を経験されました。

発覚当初、浮気した夫は嘘を重ねるばかりで
まったく話し合いにならず
関係は悪化していったといいます。

その時、真摯に事実と向き合い
話し合いをしてくれていたなら
彼女は突き付けた離婚届を
取り下げたかもしれないと言います。

「女性の気持ちをまったく分かっていない」

これが最終的に離婚に至った原因だと
感じたそうです。

その時の経験から彼女は
離婚危機で崖っぷちにいる男性たち
徹底的な女性目線でのアドバイス
「離婚回避の手紙」専門の添削
はじめられました。

彼女は妻の立場だからこそわかる
離婚を回避するポイント
徹底的に研究し
同じような原因で離婚危機にある夫婦を
一組でも減らしたい
という思いを持たれています。

妻から本気で離婚を切りだされる前
何かしらの対策が必要と彼女は
警鈴を鳴らします。

興味ある方は一度
ご覧になってみてはいかがでしょうか?

>>こちら